八乙女山生活環境保全林整備工事
ウッドチップ舗装と木製片桟橋
山麓では八乙女球場の野球の熱戦が見えます。
木製片桟橋
長さは43Mあり、桜の開花時期は立ち止まって休憩がお勧めです。
玉川沿いに面した四阿(あづまや)
駐車場からバリアフリーになっているので、車椅子での
散策も可能です。仙北平野が一望出来ます。
八乙女スキー場に面した四阿
清涼な風が吹きぬけます。
名跡 手投石へ続く階段 300段余りの階段が続きます。
木々の中をトレーニングに出来、心も穏やかになれそうです
戦国時代の石垣の雰囲気を漂わせる景観
玉川沿いに面した斜面です。木々の間から川の流れとその向こうには仙北平野が広がります。
里桜を中心に2000本余りの植栽がされました。
花見シーズンの華やかさは必見です。
眼下の玉川には大量の魚影が見られあきにはサケの遡上見られました。 玉川沿いに面した歩道にもウッドチップ舗装が施されています。
南側斜面に施された遊歩道
花見のシーズンには、250Mの間に桜が咲きみだれて
おります。
南駐車場から木道橋、池に流れる水路も木製材料を
使用し、自然の景観と調和をなしています。
   
 工事責任者から一言
地元中仙の憩いの場であった八乙女の保全林整備が3年経ち、園内は自然の景観とかつての城跡の風情を保ちながら、多くの人が触れ合えるような公園に変貌しました。
今後も自然と環境に配慮した工事を目指してまいります。お近くにお越しの際には、ぜひ御散策ください



TOPへ 会社案内   営業品目  工事実績  ボランティア活動  ちょっと一息  お問合せ